2011年11月07日

簡単なはずなのにつまづいた imagesx関数と imagesy関数


地元の駅でエレベーターとエスカレーターを作る工事が始まるみたいです。
でき上がるのは2年後らしいけど。
でもお年寄りや足の不自由な方は本当に大変そうだったから、
とっても良いことだと思います。ってか作るのおせーよ(^^;)


imagesx と imagesy はペアでやった方が分かりやすいので、
2つ同時にやっていきます。

実は1度使ってたりします↓
とても便利そうな imagecopyresized関数
http://programming.dtiblog.com/blog-entry-197.html

imagesx は指定した画像の幅を返す関数で、
imagesy は指定した画像の高さを返す関数です♪

それぞれ何の略かなぁと思って少し調べてみたけど、分かりませんでした(>_<)
x と y は X座標・Y座標だと思うんだけど、s はサイズかな……?

まずは図形を描いたりとかはしないで、
シンプルに幅と高さだけ出してみようと思ったんですが……↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>imagesx関数とimagesy関数の例</TITLE>
</HEAD>

<?php
//既存の画像の取得
$image = imagecreatefrompng("black.png");

print("画像の幅は . imagesx($image) . です");
print("画像の高さは . imagesy($image) . です");

?>

</BODY>
</HTML>

結果はこんなことになってしまいました〜(T_T)↓

画像の幅は . imagesx(Resource id #3) . です画像の高さは . imagesy(Resource id #3) . です

フォントの幅と高さのときはこれでできたのになぁ……。
変数が入るときはダメなんだっけ?とまだまだ基本が分かってないのでした(^^;)

そこで printf を使って修整したのがこちら↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>imagesx関数とimagesy関数の例</TITLE>
</HEAD>

<?php
//既存の画像の取得
$image = imagecreatefrompng("black.png");

printf("画像の幅は: %d ピクセル", imagesx($image));
print("<BR>\n");
printf("画像の高さは: %d ピクセル", imagesy($image));

?>

</BODY>
</HTML>

結果はこうなりました↓

画像の幅は: 200 ピクセル
画像の高さは: 200 ピクセル


成功〜♪

けっこう苦手な printf だけど、少〜し分かってきた気がします。
今さらだけど(^^;)


<ご案内>----------------------------------------------------------------------------------------

nabecchiDRM.jpg

なべっち式ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM) 22,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご案内>



こちらの記事では応用やってます↓
imagesx関数と imagesy関数の応用

こちらの関数もどうぞ↓
imagecreatefrompng関数はもう何度使ったかなぁ



posted by れい at 17:52| Comment(0) | 画像関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。