2011年11月06日

imagestringup関数は楽しいです


やっぱり適度な休憩って必要ですね。
少し息抜きをしたので、今夜からまた頑張れそうです♪


imagestringup は指定された色で文字列を描く関数です。
そう、文字ではなく文字列。

1文字しか描けない imagechar や imagecharupと違って、
文字をいっぱい描けます。

同じように文字列を描ける関数に imagestring があるけど、
違いは imagestring が普通に並行方向に描かれるのに対して
imagestringup は横向きに垂直方向に描かれます。

基本の形はこんな感じ↓
imagestringup(画像, フォント, X座標, Y座標, 文字列, 色)

引数は imagestring関数と同じです。

試したコードはこちらになります↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>英語の画像2</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
//黒一色の画像の読み込み
$image = imagecreatefrompng("black.png");
//色の設定
$red = imagecolorallocate($image, 255, 0, 0);
$green = imagecolorallocate($image, 0, 255, 0);
$blue = imagecolorallocate($image, 0, 0, 255);
$yellow = imagecolorallocate($image, 255, 255, 0);

//文字列を描く
imagestringup($image, 5, 0, 200, "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ", $red);
imagestringup($image, 5, 10, 200, "BCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZA", $green);
imagestringup($image, 5, 20, 200, "CDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZAB", $blue);
imagestringup($image, 5, 30, 200, "DEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZABC", $yellow);
imagestringup($image, 5, 40, 200, "EFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZABCD", $red);
imagestringup($image, 5, 50, 200, "FGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZABCDE", $green);
imagestringup($image, 5, 60, 200, "GHIJKLMNOPQRSTUVWXYZABCDEF", $blue);
imagestringup($image, 5, 70, 200, "HIJKLMNOPQRSTUVWXYZABCDEFG", $yellow);
imagestringup($image, 5, 80, 200, "IJKLMNOPQRSTUVWXYZABCDEFGH", $red);
imagestringup($image, 5, 90, 200, "JKLMNOPQRSTUVWXYZABCDEFGHI", $green);
imagestringup($image, 5, 100, 200, "KLMNOPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJ", $blue);
imagestringup($image, 5, 110, 200, "LMNOPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJK", $yellow);
imagestringup($image, 5, 120, 200, "MNOPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJKL", $red);
imagestringup($image, 5, 130, 200, "NOPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJKLM", $green);
imagestringup($image, 5, 140, 200, "OPQRSTUVWXYZABCDEFGHIJKLMN", $blue);
imagestringup($image, 5, 150, 200, "PQRSTUVWXYZABCDEFGHIJKLMNO", $yellow);
imagestringup($image, 5, 160, 200, "QRSTUVWXYZABCDEFGHIJKLMNOP", $red);
imagestringup($image, 5, 170, 200, "RSTUVWXYZABCDEFGHIJKLMNOPQ", $green);
imagestringup($image, 5, 180, 200, "STUVWXYZABCDEFGHIJKLMNOPQR", $blue);
imagestringup($image, 5, 190, 200, "TUVWXYZABCDEFGHIJKLMNOPQRS", $yellow);
imagestringup($image, 5, 200, 200, "UVWXYZABCDEFGHIJKLMNOPQRST", $red);

//ファイルに出力
imagepng($image, "english2.png");
//画像ファイルを表示
print("<IMG SRC=\"english2.png\">");
?>

</BODY>
</HTML>

ちょっとカラフルにしてみました♪

何かのときのために画像を取っときたかったから、
ファイルに出力しました。

結果は黒い画像に、横向きアルファベットが
1行ずつ違う色でずらずら並びました\(^O^)/

ちなみに文字の向きは左側が頭です。

そうそう、1つだけ注意点があります。
X・Y座標は文字列の左下の位置を指定します。

最初、(0, 0) とか (10, 10) などとしたら、
1文字目の端っこしか見えませんでした。

文字列は画像の左下から上に向かって描かれるのを
忘れないようにしなくちゃ……。

でも文字を描ける関数はちょっと楽しいです(^^)


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

copywriting.jpg

The Writing Master Class.(コピーライティングマスタークラス) 25,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



こちらの関連関数も良かったら……↓
imagechar関数の応用
imagecharup関数
imagestring関数は好き♪
imagestring関数と imagestringup関数を同時に使ってみる
imagecreatefrompng関数はもう何度使ったかなぁ
imagepng関数は挑戦というより復習です
imagecolorallocate関数を学びながら imagefill関数も予習



posted by れい at 20:52| Comment(0) | 画像関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。