2011年11月03日

imageloadfont関数はとりあえず使えない……


1番好きなフォントは?と聞かれたら「courier」と答えます。
アメリカでシナリオを書くときに一般的に使われるフォントです。
昔のタイプライターみたいな文字だし、1番読んで使ってきたものなので
愛着を感じるフォントなんです♪


PHPには5種類の組み込みフォントがあるのはすでに学びました。
imageloadfont はそれとは別のフォントを読み込むための関数みたいです。

昨日あたりから何かイヤ〜な予感はしてたんだけど、
別のフォントがないと試せないわけで、
別のフォントってどこにあるの?って話で……(-_-)

一応、本を参考にしながらこんなコードを試してみました↓

<?php
//赤一色の画像の読み込み
$image = imagecreatefrompng("red.png");
//必要な色の設定
$black = imagecolorallocate($image, 0, 0, 0);
$white = imagecolorallocate($image, 255, 255, 255);
//画像を黒で塗りつぶし
imagefill($image, 0, 0, $black);

//フォントの読み込み
$font = imageloadfont("courier");

//ロードしたフォントで文字を描く
imagestring($image, $font, 10, 10, "FADE IN:", $white);

//ブラウザに出力
//header("Content-Type: image/png");
imagepng($image);
?>

本の例でも引数として、有名なフォントである「courier」が渡されてたんです。
あ、こういう使い方もできるんだ、と思って
この部分だけは真似してみたんだけど……↓

Warning: imageloadfont(courier) [function.imageloadfont]: failed to open stream: No such file or directory in C:\xampp\htdocs\imageloadfont.php on line 11

エラーが出ちゃったのでダメみたいです(>_<)

フォントは特殊な形式で、ビットマップとして保存されるとのこと。
フォントを読み込むコードはアーキテクチャによって異なるとのこと。

あとフォントファイルのフォーマットなんかも書いてあるんだけど、
何のことやらって感じです(^^;)

こちらのページも参考にさせていただいたのですが……↓

PHP: imageloadfont - Manual

独自のフォントファイルを作るとか、
PHPを実行するのと同一の型のCPU上でフォントファイルを作るとか、
どうやらこの関数を試すには、フォントファイルを作成する必要があるみたい……。

確かに上記のページに出てくる例では、
.gdf ってファイルが使われてるんですよねぇ。

詳しくは分かんないけど、フォント作成にはソフトが必要みたいだし。

今、フォント作成を学ぶのに時間を取られるのはどうかと思うので、
飛ばすことにします。

だって今んとこ、組み込みフォントで十分ですから♪


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

contentsmasterBnew.jpg

アフィリエイト支援システム「コンテンツマスターPro」 13,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



こちらの関数も参考にどうぞ↓
imagefontheight関数
imagestring関数は好き♪
imagestring関数と imagestringup関数を同時に使ってみる
imagecreatefrompng関数はもう何度使ったかなぁ
imagepng関数は挑戦というより復習です
header関数
imagecolorallocate関数を学びながら imagefill関数も予習



posted by れい at 14:51| Comment(0) | 画像関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。