2011年10月17日

imagecharup関数の応用


イライラしてるときに外出すると、さらにイライラさせられる人間に出会う気がします。
例えば電車に乗ってて足を思いっ切り広げる人が隣に座ってきたり、
電車をまだ降りてないのに乗りこんでくる人に押されたり……(-_-)
自分の不安定な感情が、そういう人間を引き寄せてしまうのでしょうか?


imagecharup は、昨日の imagechar関数とほとんど同じだけど、
文字がまっすぐじゃなく、横向きになる点だけが違います。

渡す引数は画像、フォント、X座標、Y座標、文字、色の6つです。

試してみたコードはこちら↓

<?php
//画像の作成
$image = imagecreate(150, 150);
//背景色の指定
$bg = imagecolorallocate($image, 0, 255, 0);
//色の設定
$black = imagecolorallocate($image, 0, 0, 0);
//5つの組み込みフォントでBを描く
imagecharup($image, 1, 0, 10, "B", $black);
imagecharup($image, 2, 0, 20, "B", $black);
imagecharup($image, 3, 0, 30, "B", $black);
imagecharup($image, 4, 0, 40, "B", $black);
imagecharup($image, 5, 0, 50, "B", $black);
//ブラウザに出力
header("Content-Type: image/png");
imagepng($image);
?>

imagefill関数の代わりに、変数 bg として背景色を設定してみました♪

結果は……
緑色をバックに、横に倒れた黒文字「B」が
左端に5つ並びました〜\(^O^)/


<ご案内>----------------------------------------------------------------------------------------

kojingamekaihatu.jpg

個人ゲーム開発で暮らすための5ステップ 19,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご案内>



別ブログでもimagecharup関数について書いてます↓
imagecharup関数

関連関数はこちら↓
imagechar関数の応用
imagestring関数は好き♪
imagestring関数と imagestringup関数を同時に使ってみる
imagecolorallocate関数を学びながら imagefill関数も予習



posted by れい at 17:44| Comment(0) | 画像関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。