2011年10月12日

getimagesize関数


一度画像の作成につまづきましたが、頭からやってくことにして
画像関数の章の一番最初に登場した関数を試しました。
それが今日の記事です↓


昨日、画像作成で起こった問題はとりあえず置いといて、
初めから1つずつ進んでくことにしました。

まずは画像の分析をするというもの。
と言っても1コしかありません(^^;)

その名も getimagesize関数……そのまんまですね。
指定した画像のサイズに関する4つの要素を配列で返すというものです。

4つの要素が何かと言うと、
0 = 幅(ピクセル)
1 = 高さ(ピクセル)
2 = 種類
3 = IMGタグで使える文字列

ちなみに私の使ってる本が書かれた当時は
GIF、JPG、PNG しかサポートされてなかったみたいですが、
今は他の色々な形式もOKのようですよ。

試してみたコードはこちらになります↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>getimagesize関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
$ImageFile = "red.png";
$ImageSize = getimagesize($ImageFile);
print("<IMG SRC=\"$ImageFile\" $ImageSize[3]>\n");
?>

</BODY>
</HTML>

結果は……
昨日作ったけどどうやら壊れてるらしい画像が出力されました♪

壊れてるんじゃなかったの……?
それともこの関数だけは GD とは関係なく使えるから……?

まぁ、次からは GDエクステンションがないと実行できない関数だから
答えはすぐに分かるでしょう(^^;)


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

daihyakkaB.jpg

ネットビジネス大百科 10,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>



P.S. コメント大歓迎ですよ〜(^^)



posted by れい at 16:38| Comment(0) | 画像関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。