2011年10月01日

フランス革命暦がちょっと理解できた - jdtofrench関数


日本で顔文字が流行り出した頃、私はまだアメリカにいたのですが、
日本の友人からのメールに使われてた顔文字を初めて見たときは
「???」って思いました。

「何だろ、暗号?もしかして誘拐とかされてて、何かのSOSメッセージか?」
としばらく頭を悩ませました(^^;)


jdtofrench関数は、少し前にやった frenchtojd関数の逆バージョンですね。

つまりユリウス清算日を指定し、
それに相当するフランス革命暦の日付が返ってきます。

早速試してみますね↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>jdtofrench関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
$jd = gregoriantojd(9,7,2011);
print(jdtofrench($jd));
?>

</BODY>
</HTML>

これはこうなりました↓

0/0/0

実は先日、jdmonthname関数というのをやってて全く同じ日付を渡したら、
フランス革命暦だけ何にも返ってこなかったんです↓
jdmonthname関数はシンプルだけどね……

ウィキペディアで調べてみたら、1805年末で廃止されたってことだから
それ以降の日付を変換しようとしてもムダってことなのかな……?

だから次にこの日付を渡してみました↓

<?php
$jd = gregoriantojd(9,22,1792);
print(jdtofrench($jd));
?>

ウィキペディアの同ページによると、この日がフランス革命暦の元日とのことなので。

結果はこうなりました↓

1/1/1


上手くいきました〜\(^O^)/


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

copywriting.jpg

The Writing Master Class.(コピーライティングマスタークラス) 25,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



参考にさせていただいたページはこちら↓

フランス革命暦 - Wikipedia

ありがとうございました<(_ _)>


暦を変換するその他の関数は……↓

フランス革命暦→ユリウス清算日:
形式が異なるカレンダー: frenchtojd関数から

グレゴリオ暦→ユリウス清算日:
暦を変換する関数: gregoriantojd関数
ユリウス清算日→グレゴリオ暦
もう何度か使った jdtogregorian関数:

ユダヤ暦→ユリウス清算日:
ユダヤ暦……? jewishtojd関数
ユリウス清算日→ユダヤ暦:
今度はユダヤ暦 - jdtojewish関数

ユリウス暦→ユリウス清算日:
ユリウス暦・清算日がよく分からない - juliantojd関数
ユリウス清算日→ユリウス暦:
jdtojulian関数がイマイチ分からない……



posted by れい at 16:03| Comment(0) | 時間・日付・設定関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。