2011年09月24日

時間・日付の章 − まずはcheckdate関数


今日やる関数の引数は<月・日・年>って順番になってます。
アメリカもこの順番で、日付を「9/24/2011」とか「9-24-11」って記します。
ヨーロッパやオーストラリアでは、<日・月・年>が普通だから、
結構ややこしいですよね(^^;)


苦手な数値関数が終わって、
今度は時間とか日付を扱う関数を学んでいきます。

時間や日付も数字がからんではくるけど、
プログラミングっぽくて楽しいからお気に入りです。

勉強のかなり前半の方でも試してます↓
PHPで日時を表示する


まず登場したのが checkdate関数。

checkdate(月, 日, 年)
が基本の形です。

ちゃんとした日付であれば true(1)、
ちゃんとしてない日付だと false(0) が返ってくる、
というものです。

ちゃんとした日付の定義は……

1)年は1900年から32767年の間
2)月は1月から12月の間
3)日はその月の日数内

に収まっていること、とあります。

だからそれを確かめてみるためにも、こんなコードを試してみました↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>checkdate関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
if(checkdate(9,31,2011))
{
print("ちゃんとした日付です♪");
}
else
{
print("ちゃんとした日付じゃない〜");
}
?>

</BODY>
</HTML>

結果はこちらです↓

ちゃんとした日付じゃない〜

成功ですね\(^O^)/
9月は30日までですからね。


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

daihyakkaA.jpg

ネットビジネス大百科 10,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>



P.S. コメント残していただけると嬉しいです♪



posted by れい at 23:44| Comment(0) | 時間・日付・設定関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。