2011年09月18日

tempnam関数


Prefix とか response とか、コンタクトケア用品の Renu とかって、
プレフィックス、レスポンス、レニューって日本では言いますよね。
でも正しい発音は「レ」よりも確実に「リ」に近いです。

商品名は消費者に覚えてもらいやすいように、
という理由があるんだろうなと思うんだけど、他は何でなんだろ……?
間違った発音でインプットされると、余計正しい英語が覚えにくくなるのに(-_-)


まだ乱数の項です。

tempnam は一時的に利用するためのファイル名をパス名で返す関数です。
temporary-name 、厳密に言うと temporary-file-name の略になるのかな……?

この関数を使うと既存のファイルを上書きしてしまう、
なんてことがないってメリットがあるみたいです♪

基本の形はこんな感じ↓

tempnam(ディレクトリ名, 一時ファイルのプレフィックス)

1つ目の引数で、テンポラリファイルを作りたいディレクトリを指定し、
2つ目の引数で、作成するファイルのプレフィックスを指定します。

コードはこちらです↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>tempnam関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
$MyFile = tempnam("C:\temp", "uniquefile");

if(strlen($MyFile) > 0)
{
print($MyFile);
}
else
{
print("一時利用のファイル名は作れなかったよ(T_T)");
}
?>

</BODY>
</HTML>

結果はこちら↓

C:\Users\rei\AppData\Local\Temp\uni1EE6.tmp

ファイル名は「uni」の部分しか採用されなかった……と思ったんだけど、
Windows では最初の3文字しか使われないみたいですね(^^;)

ちなみにパス名を辿ってったら、
ちゃんと「uni1EE6.tmp」ってファイルがありましたよ〜♪


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

daihyakkaB.jpg

ネットビジネス大百科 10,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>



こちらのページも参考にさせていただきました↓

tempnam: 一意なファイル名を生成する - PHPプロ!マニュアル

ありがとうございました<(_ _)>


strlen関数の復習にはこちらをどうぞ↓
count関数の勘違い!あとstrlen関数

ファイルを削除する場合はこちらを参考にしてみてください↓
unlink関数でファイルを削除する

こんな関連関数もあります↓
uniqid関数



posted by れい at 16:09| Comment(0) | 数値関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。