2011年09月16日

tan関数で終わりです


ずっと脳貧血で、見知らぬ人に助けていただいたことが結構あるんですが、
1度荷物を運んでもらったこともあります。

重いスーツケースを持って一時帰国したとき、駅のエスカレーターが止まってて、
スーツケースを引きずるように階段を上ってたんですね。

そしたら通りがかりの高校生ぐらいの男子が戻ってきて、「手伝いましょうか?」と。
一気に上まで運んでくれて、お礼を言ったら
無言でペコっと頭だけ下げて去っていきました。

世の中ホント捨てたもんじゃないです。マナー悪い人とかもいるけど、
優しくてちゃんとした人もまだまだたくさんいる……そう信じたいです。
だから日本はまだ大丈夫だと思う。


苦手なサイン・コサイン・タンジェント系も、
これで終わりみたいです(^^)

tan は tangent の略ですね。
ラジアン単位の角度のタンジェントを返す関数です。

試したコードはこちらになります↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>tan関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
print(tan(1));
?>

</BODY>
</HTML>

結果はこちら↓

1.5574077246549

ラジアンとか理解しないまま、一応終えました。
大丈夫かなぁ(^^;)


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

contentsmasterBnew.jpg

アフィリエイト支援システム「コンテンツマスターPro」 13,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



サイン・コサイン・タンジェント系のその他の関数はこちら↓
acos関数: アークコサイン……?
asin関数: どんだけバカかってカミングアウトします
atan関数: 今度はアークタンジェント……
atan2関数
cos関数
またサイン・コサイン系…… sin関数



posted by れい at 14:41| Comment(0) | 数値関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。