2011年07月09日

virtual関数


この関数に関しては、本ではあんまり詳しく説明されてないので、
他のサイトも参考にさせていただきました。

一言で言うと、virtual関数は
サブリクエストを実行するものみたいです。

また、PHPが Apache のモジュールになってる時のみ使用できる、と。

あと
<!'#include virtual filename'>
と書いた場合と同じ働きをするらしいんですが、
virtual ファイル名をインクルードしろってことの意味が分からない〜(>_<)

スクリプトを分割する場合は include関数とか require関数を使え、ともありますね。

どういうときに役に立つかと言うと、CGIスクリプトや shtmlファイル、Apache を通して
「解釈を行う他のものがある場合」……う〜、どういうことだろ。

CGIスクリプトの場合は有効なCGIヘッダを生成する必要があるそうです。
Contet-Type ヘッダとかね。これは見たことある気がします。

まぁ分かったのは、CGIスクリプトも shtmlファイルもないから、
試せないってこと(^^;)

だから一応メモとして、コードだけ書いておきます↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>virtual関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
virtual("example.shtml");
?>

</BODY>
</HTML>

<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

copywriting.jpg

The Writing Master Class.(コピーライティングマスタークラス) 25,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



参考にさせていただいたのはこちらのページです↓

「PHPプロ!」
http://www.phppro.jp/phpmanual/php/function.virtual.html


ありがとうございました<(_ _)>


別ブログの関連記事はこちらです↓
include関数を使ってファイルをインクルードした例
include関数と再会♪



posted by れい at 16:32| Comment(0) | I/O関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。