2011年07月08日

putenv関数


あれ、また env の付いた関数ですね。
ってことは環境変数系……?と思ったら、やっぱりそうでした(^^)

この間やったのは getenv関数で、
今回は putenv関数。

何が違うかというと、
getenv は指定された環境変数の値を返すもので、
putenv の方は、環境変数の値を設定するんだそうです。

コードはこちら↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>putenv関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
putenv("PATH=/local/bin;.");
?>

</BODY>
</HTML>

これの結果は何も出ませんでした……エラーも何も。
ってことはちゃんとできたってことなんでしょう、たぶん(^^;)

本にはこれ以上詳しく説明されてなかったから、
もうちょっと自分で調べてみました。

環境変数の値の設定、ってのは
サーバの環境変数に値を追加するってことらしいですね。

で、その環境変数はリクエストを実行中に存在して、
終わったら元の状態に戻る、と。

分かるようで分かんないけど、
これがどういう状況で役立つのかが一番分かんなくて……

全然まだまだだなぁと思ってしまう今日この頃です(^^;)


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

daihyakkaB.jpg

ネットビジネス大百科 10,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>



参考にさせていただいたページはこちら↓

「PHPプロ!」
http://www.phppro.jp/phpmanual/php/function.putenv.html

ありがとうございました<(_ _)>



posted by れい at 16:53| Comment(0) | I/O関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。