2011年07月07日

getenv関数


getenv関数は、指定した環境変数の値を返すんだそうです。
あ、ってことは、たぶん get-environment とか get-environmental の略で、

環境変数の英語はきっと environment 何とかって言うのかな……。
(いい加減な推測^^;)

試してみたコードはこちらです↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>getenv関数の例</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php
print(getenv("PATH"));
?>

</BODY>
</HTML>

結果は……↓

C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Windows Live;C:\Windows\system32;C:\Windows;C:\Windows\System32\Wbem;C:\PROGRA~1\COMMON~1\ULEADS~1\MPEG;C:\Program Files\Windows Live\Shared;C:\Program Files\QuickTime\QTSystem\;C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\

こんな感じにずらずら出てきました。
一瞬エラーメッセージに見えて焦りましたが(^^;)

つまり環境変数全てをPHPの変数に変換するってものなんです。

だから、スクリプトの実行をスタートした後で
環境変数が書きかえられるような状況でしか役に立たないとのこと。

そんなケースはすごく珍しいみたいだから、
あんまり使うことはないのかなぁ……。


<ご案内>----------------------------------------------------------------------------------------

kojingamekaihatu.jpg

個人ゲーム開発で暮らすための5ステップ 19,800円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご案内>




posted by れい at 15:19| Comment(0) | I/O関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。