2011年05月21日

配列に array関数を使う!


値のリスト(複数の値)を取って配列を返してくれるarray関数を使うと、
各要素への代入の記述という作業を省ける、というメリットがあります(^^)v

つまり array に続く(括弧)の中に、コンマで区切ってバラバラと並べるだけで、
インデックスが0・1・2・3…となるのです。

デフォルトでは0からスタートしますが、1から始めたいときは
「1=>」と指定することで、始めの要素を1にすることができます。

このインデックスを指定する方法は、どの要素にも使えますし、
割り当てるインデックスも整数じゃなきゃいけない!って訳ではないのです。

その例が次のコードです♪↓

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>array関数を使って値を変換する</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<?php

$MonthName = array(
1=>"January", "February", "March", "April",
"May", "June", "July", "August",
"September", "October", "November", "December",

"1月"=>"January", "2月"=>"February", "3月"=>"March",
"4月"=>"April", "5月"=>"May", "6月"=>"June",
"7月"=>"July", "8月"=>"August", "9月"=>"September",
"10月"=>"October", "11月"=>"November", "12月"=>"December",

"January"=>"January", "February"=>"February", "March"=>"March",
"April"=>"April", "May"=>"May", "June"=>"June",
"July"=>"July", "August"=>"August", "September"=>"September",
"October"=>"October", "November"=>"November", "December"=>"December",
);

print("3月は" . $MonthName[3] . "です!<BR>\n");
print("7月は" . $MonthName["7月"] . "です!<BR>\n");
print("9月は" . $MonthName["September"] . "です!<BR>\n");

?>
</BODY>
</HTML>

これを「hairetsu6」で保存して…出た結果がこちら↓

3月はMarchです!
7月はJulyです!
9月はSeptemberです!


色んな形式の月名を単一の形式に変換する配列ですね。

整数で呼び出すことも($MonthName[3])
文字列で引き出すことも($MonthName["7月"]とか$MonthName["September"])
できるというわけです♪


<ご紹介>----------------------------------------------------------------------------------------

daihyakkaB.jpg

ネットビジネス大百科 10,000円

----------------------------------------------------------------------------------------<ご紹介>



配列についてはこちらの記事もどうぞ↓
配列の予習?
PHP: 一次元配列
PHP: 配列の初期化
PHP: 多次元配列
配列を操作する関数: まずは array関数



posted by れい at 16:09| Comment(0) | 基礎編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。